むちブロ

家族レジャー、幼児教育など、生活で感じた「良かった・楽しかった・タメになった」をあなたにシェアするブログ

薬疹カルボシステイン

雑記

アレルギーに無縁な私が、カルボシステインの薬疹に参った話

更新日:

9月中旬から、次々と風邪をひいたむーち(@mu_chiblog)一家です。

次女の運動会はギリギリ全員健康体、長女の運動会は長女発熱により見学も行けませんでした。
今回の風邪は、熱がなかなか下がらず、しつこかった。

大人は熱は出ないものの、咳やだるさが長引いてます。

そんな中、飲んだ薬の副作用が出て、先週末つらい思いをしました。
そんな話を手短に。

アレルギーなんて関係ないわ♪と思っている、そこの貴方!!

私も、そうだったんですよ…

油断は禁物ですー!

スポンサーリンク
(投稿日:2016年10月15日)

経緯

【1】2年前まで

カルボシステインを飲んでいても副作用はなかった

【2】2年前から

かかりつけの耳鼻科で処方されたカルボシステイン(ムコダイン)を含む数種類の薬を飲んだ後、肌に腫れかゆみ湿疹が出るようになった(※)。

私は風邪をひいても熱は出なくて喉・咳がひどくなるタイプなので、内科へ行かず耳鼻科へかかっています。

※詳細

  • 目の周りの腫れ、赤み、かゆみ
  • 手首の外側や内側に円形の赤み、かゆみ、発疹
  • 脛に円形の赤み、かゆみ

【3】自称「体調不良」

今までアレルギーに縁がない私は、薬疹すら知らず、単に風邪の後の「体調不良」だと思っていた。

【4】3/4の確率の薬疹?

この2年間で薬を4回飲んで、3回薬疹が出たことになる。

ちなみに、4回とも、かかりつけの耳鼻科の処方である。

自称「体調不良」を他の科で見てもらったら…

A眼科:「目が原因ではなく、肌。化粧品変えた?」⇒薬なし
B眼科:「何かのアレルギー」⇒目薬

C皮膚科:「虫刺され」⇒ステロイド剤
C皮膚科は2度と行かない…(汗)

【5】ようやく疑問をもつ

能天気な私でも、何か異変を感じ、3回目の薬疹が出ている時に、D皮膚科へ相談しに行った。(今年の4月)

【6】D皮膚科の先生

そこで言われたのが、

薬疹は100%出るので、今までの4回薬を飲んだ中、症状が出ていない1回が気になる。
症状が軽くしか出なくて記録してないだけなのか、全く出なかったのか」

私、この1回(2年前の8月)に関しては、どうだったのか全く覚えておりません。

【7】残り薬を勝手に飲んだ

10月初旬、咳が酷くなったので、自宅に残っていた薬を勝手に飲んだところ(真似しちゃダメよ)、いつもと同じ右目に違和感が出たので、すぐ中止した。

勝手に飲んだ薬

  • トラネキサム酸錠
  • カルボシステイン錠

【8】初診の内科へ(10月上旬)

長女がマイコプラズマ肺炎疑いレベルの風邪になり、咳がなかなか止まらない私も内科へ行く決意をした。
(私はたいていは通院せず治るのを待つ派ですが、マイコプラズマには勝てんので)

「以前に飲んで問題なかった薬は薬疹には関係ない」と勝手に思い込んでいた私は、カルボシステインを除外して、先生に怪しい薬を告げた。

  • セフカペンピボキシル塩酸塩錠
  • トラネキサム酸錠

理由は、この2年間の投薬の4回全てに含まれていたのが、上記の2種だったから。

私は内心、「トラネキサム酸錠」が犯人だと思っていた。
残り物を勝手に飲んだ回に、「セフカペンピボキシル塩酸塩錠」は入っていなかったので。

内科の先生は、これらの薬を避けて処方箋をくれた。
その中に、カルボシステインが入っていた。

【9】翌日、身体に異変。

 

出た薬疹

  • 右目周辺の腫れ、赤み、かゆみ
  • 左目周辺の腫れ、赤み、かゆみ
  • 右手首外側の円形の赤み、かゆみ、発疹
  • 内股2か所の円形の赤み、かゆみ
  • 左手首内側の斑模様の赤み、かゆみ、発疹
  • 左脛2か所の円形の赤み、かゆみ
  • 口の周りの赤み、かゆみ
  • 顔全体の刺激感、かゆみ

服薬開始翌日の午後から、記載順に出現。
しかも、消えずに増えてゆく。

顔全体にまで現れた時は、体のあちこちのかゆさに何も手につかず、奇声を上げたり意味もなくウロウロしていました。(汗)
特に症状の激しい目の周り手首は、かいてしまうと、もっと腫れるのが分かっているので耐えるしかありません。

翌々日の朝を最後に服薬中止。

【10】原因判明

連休明けに内科を再度受診、相談。

先生にお薬手帳を見てもらったところ、すぐさま、カルボシステインだと判明。
素人判断で勝手に除外していたカルボシステインが、薬疹が出た回に飲んだ薬と100%一致していた。

※D皮膚科の先生が「薬疹の記録の残っていない1回が気になる」と言っていた回は、トラネキサムとセフカペンピボキシルのみが処方され、カルボシステインは処方されていなかった。
D先生の発言も完全に一致した。

先生曰く、花粉症と同じ「抗原と抗体のメカニズム」で、普段飲んでいた薬が突然薬疹の原因になることがあると。
初めて飲む薬だけで薬疹が起こるわけではないんですよーと。

私の素人判断(以前問題なかったカルボシステイン除外)がもろに裏目に出てしまった。

【11】沈静

これを書いている今日、服薬からちょうど一週間です。

実は今回、いつもよりも回復が遅く、いまだに右手首の湿疹跡が色素沈着しています。
一番ひどかった右目は、2日前まで少しかゆかったし…。

今までは、3日もあれば綺麗に治っていました。

振り返って

なぜ薬疹と気づくのが遅れたか

あわあわ

アレルギーに対する知識不足

私は昔からアレルギーとは無縁で、風邪もたまにしかひかない健康体だったので、アレルギーや薬疹という発想がなかった。

ただ単に、風邪の後で抵抗力が弱っていると思い、他の科を受診したのが間違っていた。

薬を飲んで違和感があれば、すぐに処方された病院で相談するべき

素人判断で情報を全て伝えていなかった

これは私の完全なミス。

内科を最初に受診した際、お薬手帳を見せて相談していれば、その場で解決していたかもしれなかった。

勝手な思い込みはだめですね…。

初診だからと変な遠慮をせず、じっくり相談するべき

まとめ

D皮膚科と内科の先生に教えてもらったことの備忘録

  • 薬疹は原因となる薬が入ったら100%出る
  • 症状の出る箇所が毎回同じという薬疹もある
  • どの薬の薬疹か調べるのは大きな病院へ行く必要がある
  • 原因の薬の後発品が新しく発売される可能性があるので、「薬の名前で憶えておく」のは新しい薬に対応できず、危ない
  • どこででも薬をもらうのではなく、薬局を1カ所に決めて管理してもらうと良い
  • カルボシステインの薬疹はたまに見かける(唇の周りの違和感を訴える人がほとんど)
  • 市販の風邪薬にもカルボシステインが入っているものがあるから注意

薬疹は回数を重ねると酷くなる傾向にあるらしいので、「薬を飲んだ後に」「前回と同じような違和感」はあれば、即再受診ですよー!
アレルギーと無縁な人も、私のような発症もあるのでお気をつけて。

今回、症状が一番酷くて焦ったむーち(@mu_chiblog)でした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-雑記
-,

Copyright© むちブロ , 2017 AllRights Reserved.