むちブロ

家族レジャー、幼児教育など、生活で感じた「良かった・楽しかった・タメになった」をあなたにシェアするブログ

不登校児登校できた

トラブル

小学1年生の不登校が回復に至るまで「序章」

更新日:

小学校1年生の5月下旬、登校渋りが始まった長女。

無理矢理登校させても良くならず、結局休みがちになり、2学期は挨拶だけで帰ったり、放課後に行くような日が続きました。

冬になると徐々に学校で過ごせる時間が長くなり、3学期はトントン拍子に回復し、朝から一人で家を出られるようになりました。

そして、最近、1週間(5日間)連続で、朝から一人で通えました。
本当に、嬉しい。

これから学年末となり、春にはクラス替えがあります。
その後も、プールや運動会など、長女未体験の行事が待ち構えています。

不安要素はまだまだあります。
でも、ここまで来れました。

学校のことで苦しんでいる親子さんへ、私が体験した反省点や、やってみてよかったことなどを書きます。

私も、悩んでいたときは、不登校の子の親御さんのブログなどを読み漁り、同じような状況の人がいないか探していたからです。
同じようなお子さんが、どうなったのか、どう回復していくのかが知りたかったのです。

そんな状況の親御さんへ、少しでも力になれれば幸いです。



(投稿日:2017年2月5日)

最初に

一口に「不登校」と言っても、その原因はさまざまです。

不登校や登校渋りの背景には、学業不振等の学習面、いじめ問題など交友関係、思春期特有の自己意識や劣等感、家庭の問題、貧困の問題、教員との関係、本人の性格、コミュニケーションの問題、発達の問題や精神疾患など、さまざまな要因が見受けられます。(p.97)

学校の先生・SCにも知ってほしい:不登校の子どもに何が必要か (子どものこころと体シリーズ)より引用

長女は最初は、図工がイヤ、給食がイヤなど色々言っていましたが、根本的な「学校へ行きたくない理由」は、自分でもよく分かっていません

低学年の不登校ではよくあることだそうです。
(スクールカウンセラー談)

上の引用部分から消去法をして、残ったものを引っ張ってくると、長女の場合、

〇  本人の性格
✕? 発達の問題や精神疾患

以上の2点が関係性が深いです。

本人の性格

他人が厳しく叱られている時、自分には関係ないと聞き流せる性格や、叱る声に委縮してしまい自分まで気持ちが滅入ってしまう性格など、人はさまざまです。

敏感な性格の子どもは、本人は気がついていなくても、入学後の環境にストレスを感じてしまう傾向にあります。
(詳細はひといちばい敏感な子にて)
長女もそうです。

長女の場合は、図工の時間に頑張って描いていた絵を「説明なく却下」されたことに疑問とショックを感じ、それがきっかけで学校への興味を失い、今まで気を張って通っていた部分が踏ん張れなくなった。
却下の経緯はよく分かりませんが、長女が先生の指示と違うことをしたのだと思います。

繊細すぎるんです。気持ちが。

スクールカウンセラー(以下、SC)によると、1年生への対応としては、先生の対応は問題ない。
普通の1年生なら、「描き直してね」「はーい」となる。
「なぜ?」「どうして?」と理由まで考え込まない。
(考えたとしても、引きずらない)
これが、相手が4年生だったら、先生も理由を説明をした上で描き直させる。とのこと。

そんな、敏感で考え込む性質と、年少児の妹よりも幼い性質も合わせ持っていて、行き渋りが始まった頃の長女はアンバランスな感じでした。

幼い性質(家族と居る時)というのは、

  • 私とやたら手を繋ぎたがる
  • 自宅のトイレに一人で行けない
  • 「嫌でも学校は行くところ」(※)が理性的に受け入れられない
  • かんしゃくを起こす

(前から二つは、私が強制登校をさせるので不安定になっていたと思います。反省点です)
(学校ではトイレに行くし、かんしゃくを起こしたことはありません)

※「学校へは嫌でも行く」という決めつけに対する善悪の議論はここではしません。
「他のクラスメートは嫌なことがあっても登校している事実」を理解しようとしているか、という点です。

アンバランスなのは、心の成長の過渡期だったからだと思います。

今では、この特徴は全て消えました

それから、長女は、幼稚園の年少と年中のときに登園渋りがあり、両学年とも、1月になったらパタッと嫌がらなくなった過去があります。
(年少の3学期に治ったのに、年中になる春に引っ越したので、再度登園渋りになってしまった)

SCによると、長女は新しい環境に慣れるまでとても時間がかかる性質で、約1年かかって少しずつ慣れ、自分の中で納得していく、とのこと。
「それが、この子のペースなんですよ」と、言われました。
超カメさんな長女です。

発達の問題や精神疾患?

  • 教室に入れないから、アサガオの重い鉢を持ったまま、廊下に30分立ち続ける。
  • 教室への一歩がなかなか踏み出せない。廊下に30分以上いる。
  • 教室に入れても、後ろの壁に張り付き、動けない。
  • 自分の席まで行っても、授業が終わるまで教科書も広げず、ずっと立ったまま。
  • 先生が手渡してくれたプリントをわざと床に落とす。
  • 学校にいる間は、青ざめて生気がなく、表情が虚ろ。

そんな頑なな長女を見て、正直、全く理解できなかった。

誰も見ていないのだからアサガオの鉢は床に置いたらいいし、ランドセルから教科書を出すのってそんなに手間だろうか?
プリントをわざと落とす、教科書を指示通りに開かないなど、長女のおかしな姿に、親として薄情だけど「異常だな」と感じた。

その頃数回あった、かんしゃくの件も気になっていたし、もともと音や匂いにも敏感なので、SCに「発達障害では?」と尋ねました。
すると、答えは「No」でした。

「聞き取りをして、少しでも疑いを感じた場合はすぐに言いますし、〇〇ちゃんと接して、そこまで感じていません」
と、SCは少し心外な表情をしていました。
その時、カウンセリングは4,5回目。

その後、「発達障害」の定義や、長女はなぜ当てはまらないかを聞かされました。
簡単に書くと、当時の長女は「発達障害の性質(※)を持っているかもしれないが、それが日常生活に支障をきたす程のレベルではないから」とのこと。

それを聞いた時は、「気質があるのに診断が下りないって、必要な支援を得られず一番良くないパターンじゃ?」と目の前が暗くなりました。

※例えば、先に挙げた「先生から配られたプリントを落とす」は相手の気持ちを考えられない=「社会性の欠如」となるらしい。

色々ありましたが、元気と自信を取り戻して登校している現在の長女からは、私が見た異常なほどの頑なな様子は一切感じられません
混乱と不安の中の一時的な姿だったのかな?と思います。

そこで、SCの言葉と、現在の健全な様子から、不登校の要素としての「発達の問題や精神疾患」は当てはまらないと考え、✕をつけました。

まとめ

  • 先生やクラスメート由来の原因ではなく、本人の気持ちの問題
  • 発達の問題ではないようだ

次記事に続きます

前置きが長くなったので、続きは次記事に。

次の記事からは、長女の不登校を「混乱期」「他罰期」「内面成長期」「行動探索期」「自己実現期」に分けて、それぞれの様相や感じたこと、やってみてよかったこと、反省点などを書きます。

★登校拒否の記事一覧★



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

-トラブル
-

Copyright© むちブロ , 2017 AllRights Reserved.