むちブロ

家族レジャー、幼児教育など、生活で感じた「良かった・楽しかった・タメになった」をあなたにシェアするブログ

佐藤錦

食べもの

山形のさくらんぼ 佐藤錦と紅秀峰を食べ比べたよ

更新日:

6月の旬の果物と言えば、さくらんぼ!

赤い宝石と謳われる佐藤錦は、国産さくらんぼの王様ですよね。
では、紅秀峰(べにしゅうほう)はご存知ですか?

佐藤錦より新しい品種で、スーパーでは出回っていません。
(少なくとも、私が普段行く普通のスーパーでは…)

今回、機会があって、佐藤錦紅秀峰を食べ比べました♪

スポンサーリンク
(投稿日:2016年7月1日)

収穫時期(山形県産)

佐藤錦:6月初旬~下旬まで

紅秀峰:6月下旬~7月初旬

紅秀峰は特に期間が短いです。
収穫量が少ないのかな?

食べたさくらんぼ

20160701

2L(1箱1kg)
等級は記載がありませんでしたが、贈答品なので秀品かと推測。

 

出荷日の差

佐藤錦

収穫時期の関係で、佐藤錦の到着から3日遅れて紅秀峰が届きました。

ですので、以下の見た目の比較は、佐藤錦の方が鮮度が落ちているので不利だと言えます。

味の比較内容は、到着直後のものですのでご安心ください♪

見た目

佐藤錦と紅秀峰

着色具合

両者、パッと見では区別がつきません。
着色の度合いなど、差がない感じです。

ただ、紅秀峰の方が、全体的に程よく赤く染まっていると感じました。
佐藤錦は、黄色い部分もありました。

サイズ

佐藤錦と紅秀峰

2L(LL)の基準が25mm以上となっています。

手元の物差しで測ったところ、

佐藤錦:25~26mm前後

紅秀峰:27~28mm前後

紅秀峰の方が一回り大きかったです。

味、食感

紅秀峰

佐藤錦:プリっとした適度な歯ごたえ、柔らかい果肉、十分に甘いけれど後に残る甘酸っぱさ。酸味と甘みのバランスが素晴らしい。

紅秀峰:ブツンとしっかりした歯ごたえ肉厚で食べごたえのある果肉、とても甘い。酸味はなく、ひたすら甘い。幸せ。

結局どっちが美味しいの?

どちらも美味しかったです。

最終的には、個人の好みになります。

我が家では、主人と長女が佐藤錦を、私と次女は紅秀峰を選びました。

ちなみに、長女は桃よりスモモ(プラム)が好きという甘酸っぱい系大好き少女です。
主人もプラム大好き。

私と次女はプラムに執着なし、絶対、桃派(贅沢許されるなら、岡山の白桃)。
なんとなく、分かっていただけたでしょうか?

「酸っぱい」にクローズアップしてしまいましたが、佐藤錦は十分に甘いですよ。

酸っぱいのが苦手な私でも、佐藤錦を酸っぱいとは全く思いません。
それくらい、マイルドな甘酸っぱさです。

贈答品にいかが?

収穫時期から、佐藤錦は父の日紅秀峰はお中元にピッタリですね。

スーパーでは売っていないサイズ、粒が大きくて甘いさくらんぼ。
受け取った方もきっと笑顔になるはずです。

山形県産佐藤錦の出荷は終了しているので、現在(2017年7月上旬)は、青森県産や北海道産が出回る時期だそうです。

山形県産に限って言えば、来年度の予約が始まっているとのこと!
す、すごい…。

【2017年7月10日追記】
山形県産紅秀峰、現在出荷中です!
昨年より、時季が遅れている気がします。
今年も、紅秀峰食べました♪
甘くてプリップリで美味しかった。

紅秀峰美味しい

写真は、2Lです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-食べもの
-,

Copyright© むちブロ , 2017 AllRights Reserved.