むちブロ

家族レジャー、幼児教育など、生活で感じた「良かった・楽しかった・タメになった」をあなたにシェアするブログ

キッズリゾート海老名

室内遊び場

広い!楽しい!ファンタジーキッズリゾート海老名。キドキドとの比較も。

更新日:

神奈川県海老名市の「ファンタジーキッズリゾート海老名」に行ってきました。

2016年3月中旬、再訪しましたので追記しています。

〒243-0432神奈川県海老名市中央3-2-5ショッパーズプラザ海老名3F
平日:10:00~19:00 土日祝日:10:00~20:00

JR 相模線・小田急・相鉄の海老名駅から徒歩圏内駐車場750台完備(施設利用で5時間無料)。
遠方からもお出かけしやすいですね。
ちなみに全国展開しており、他には北海道、千葉県、静岡県、福岡県に店舗がある。

約3,300㎡(およそ1,000坪)もの広い室内には、親子一緒に遊ぶ事が出来る大型のふわふわ遊具をはじめ、大人気の大型電動キッズレーシングや、ステキなドレスに着替えて写真が撮れるフォト&ファッションスタジオ、お子様の想像力を豊かにする抗菌砂場など、親子一緒に思いっきり楽しめるアトラクションがいっぱいです。 公式HPより引用

スポンサーリンク
(投稿日:2015年2月11日)

キドキドとの比較

料金の違い

以前から行ってみたいと思っていた理由は、なんだかお得そうだ!!という勝手な試算。
有料室内遊び場として有名な、キドキドと比べてみよう。

大人1人・子ども2人(1歳以上)の場合。

【1.5時間】
キドキド:3,500円
ファンタジーキッズリゾート:1,935円
【1日フリーパス】
キドキド:3,400円
ファンタジーキッズリゾート:3,300円

短時間の場合、ファンタジーキッズリゾート(以下FKR)が圧倒的に安い。
(キドキドは1.5時間以降ならフリーパスの方がお得)

しかし、多数の人がフリーパスを購入する現状、フリーパスの料金は両者さほど変わらない。
その上、FKRは年会費315円も必要なのでキドキドより高いと言える。

お得そうだと思った理由

理由1

キドキドのスペースは限られており、人が多い日に当たるとあまり遊べた感じがしない(3店舗経験済み)。
FKRはとにかくめちゃめちゃ広いと聞いた。

理由2

キッズレーシングという子どもが操縦できる車が乗り放題、ドレスに着替えて写真撮影や子供向けアーケードゲーム、メダルゲームなどなど無料。
(キドキドには無い)

理由3

場内のレストランで食事が出来るので、場外へ移動する手間が省ける。
(キドキドは、場外に持ち込みスペースがある店舗もあるが席数も少なく、基本的に外のお店に食事に出ることになる)

結果

支払った金額は同じくらいだとしても、快適度と楽しさでキッズリゾートの方がお得感を感じる。

キドキドに否定的なことばかりになってしまったけど、キドキドも良いですよ。
キドキドでしか遊べないボーネルンドの知育玩具は上質で大人の方がハマってしまう。
また、プレイリーダーと呼ばれるスタッフさんが子どもたちの「遊び」を発展させてくれるのが、キドキドの最大の強み。

当日の服装のおすすめ

●靴下だと滑る遊具があるので、子どもは靴下を脱げる服装で!
特に冬はタイツを履いてしまうけれど、足裏の出るスパッツにしよう!

●真冬、店内は暖房が効いているから大人も薄着でOK!!
子供を追い回したり見守ったりで休む暇も無く、大量に汗かいた。
半袖Tシャツ1枚のパパがいて、涼しそうだった~

●ファッションフォトスタジオでドレスにお着替えする女の子は、キャミソールとスパッツ(1分丈~ひざ上)を肌着に着ておく。
試着室が混んでいて埒があかない時に、その場でササッと着替えられる。
(本当は試着室が空くまで待ってほしいけど、子どもは待ちきれず脱いじゃう…)

注意事項

飲食物の持ち込み禁止。(厳密にいうと水筒のお茶もダメ)
お水は、レストラン奥の返却口付近に無料のウォーターサーバーがある。(紙コップ式)
飲み物とアイスの自販機有り。

施設内の様子と感想

駐車場と受付の混雑

平日の11時頃到着。

750台だから余裕だと思っていた駐車場。
屋上の一つ下の6階しか空いていなかった!!
(ショッパーズの東側、道路を1本挟んだ向かいにある大きな立体駐車場)

3/24追記:
平日10時過ぎに着きましたが、やはり駐車場は6階より上しか空いていなかった。
通勤等で利用している人がいるのかも。
それと、750台というのは西側の平面駐車場含めての台数だと思います。

入場受付には5組程度の列。
キドキドでもそうだが、料金パックを選んだり説明事項が多く、客をさばくのに結構時間がかかる。
カウンターが複数あるのでわりとすぐに順番が回ってきた。

(ちなみに、週末に来場した友達は、入場前に長蛇の列で疲れ、入場後は人の多さで疲れたと言っていました)

4時間パック990円に、110円を追加することで1日フリーパスになる。
その日はキャンペーン中につき、追加料金なしで時間無制限になった。
さらに、お友達が持ってきてくれた「お友達紹介クーポン」で、大人1人分の料金と年会費が無料!!
ありがとうございましたm(__)m

靴を脱いで場内に入ると、聞いていたとおりめちゃめちゃ広い!
大型遊具が点在するからかもしれないが、端が見えない!どこまでも遊び場!!

上着や荷物を預けるため、コインロッカーへ。100円で出し入れ自由、返却式。
(奥側のコインロッカーは両替機が無いので、小銭が無ければ手前のロッカー付近の両替機で100玉をゲットしよう)

室内の様子

本記事は、写真少なめです。
娘たちがテンション上げ上げでどこかに消えることが多々あり、本当に目が離せなくて、写真を撮る余裕がなく。

巨大な滑り台

大きなふわふわ斜面を登っていくと・・・
IMG_0636

滑り台やコレ!!
(後ろ向きで滑る次女)
物凄い勢いで滑る。
大人が滑ってもかなり制御不能だけど、着地点がふわふわなので気持ちイイ。IMG_0651

3/24追記:
滑り台は、青色の富士山モデルに変わっていました。
滑る体勢は「前向き・手をクロス」などお約束が増えていました。
現在は、上の写真のように(後ろ向きで)滑るとスタッフに注意されます。

ドラゴン型の遊具

怖がりの次女は最初泣いて近寄らなかったが、姉たちに連れられ午後には慣れて入れるようになった。
中に滑り台がある。
背中が盛り上がっているのはその為。IMG_0635

3/24追記:
ドラゴン型は無くなって、バス型やタコの滑り台と入れ替わっていました。

サイバーホイール

最近は、キドキド以外でも見かけるようになってきましたね。

中に入って四つ這いで走ると、前に回る。
壁にぶつかってボワン!と揺れるのが楽しいらしい。
入口にストップウォッチが置いてあり、2分をセットして鳴ったら次の子と交代というシステム。
IMG_0639

キッズレーシング

娘たちが楽しみにしていた、子どもが運転する乗り物。

常に数人並んでいるが、長い時でも10分ほど待てば乗ることができた。

店員さんが丁寧で子供に優しく話しかけていたのが印象的。
2歳次女にも「おねえちゃんはどれに乗りますか?」と尋ねていた。

二人乗りの車や4輪バギー、スクータータイプなど選ぶことが出来る。
電動&子供用なのでスピードは出ず、コース脇も柔らかいので安心。

大人はコース上に立ち入って写真やビデオを撮ることができる。
「3~12歳」と壁に書いてあるので2歳次女は助手席しか乗れないと思っていたら、2歳児(※)が運転することができるバイクもあり、次女大興奮。
他のバイクより一回り小さく、スピードもさらに遅い。
まさしく2歳用。
IMG_0640

IMG_0642

3/24追記:
※2歳が利用できるモデルは無くなり、3歳以上になっていました。
また、3歳児の利用時は、保護者の付き添いが必要でした。

おままごとゾーン

ケンカにならないよう、キッチンがたくさんある!

入ることの出来るおうちやお城もある。IMG_0646

ファッションフォトスタジオ

スタジオア●スも真っ青な品揃え!
無料だし!

かわいいドレスやタキシード、靴やショールなどの小物も。
撮影ブースは3つあり、混雑もなく快適。

友達いわく、背景が前回来た時と違うとのこと。
飽きられないように工夫しているようだ。

上の方でも書きましたが、お着替えする予定の女の子は、キャミソールとスパッツ(1分丈~ひざ上)を着ておくと楽。
IMG_0649

赤ちゃんゾーン

ファンタジーキッズリゾートをおすすめしたい点、それは赤ちゃんゾーンが広いこと。

お父さんは上の子と遊びまくり、お母さんは下の子と赤ちゃんゾーンでまったり…という過ごし方が出来るのだ。
対象年齢以外の子どもは入れないので、大きい子が来て危ない思いをすることもない。

↓こちらは、0~2歳ゾーン
IMG_0644写真に入りきらない!
左奥の赤い遊具は、最初の写真の黄色い滑り台の少し小さいバージョン。

↓そしてこちらが、0~1.5歳ゾーン
IMG_0647~2歳ゾーンと比べて、歩けないお子さん向け設計。

子どもたちに振り回された為、写真は以上(;´∀`)

その他

他にアーケードゲームや抗菌砂場、ふわふわトランポリンやボールプール、大人用のマッサージチェア、おもちゃ売り場、有料のゲームコーナー(UFOキャッチャーやスロットマシン)もあり。
店内中央のステージでは平日だというのに5回ものイベントが催されていた。
内容は、宝探しやビンゴゲーム、シャボン玉遊びなど。

3/24追記

マッサージチェア

初めて座った~!
リクライニングあり、膝下と手はエアー。
(手は、機能が無い機種もある)
凝りがほぐれて良かった。

平日は無料、土日祝は15分100円

アーケードゲーム

キッズリゾート海老名もぐらたたき
全て無料。
太鼓の達人やゾンビを倒すシューティングゲーム、ボーリングゲームなどなど。

メダルゲーム

キッズリゾート海老名メダル
一角にメダルが山積みになっていて、自由に使える。
長女は初めての縦シューティングゲームをして、黙々と燃えていた。
クリアして、目がショボショボしていた。刺激が強かったようだ(汗)キッズリゾート海老名ゲーム

食事

ファンタジーキッズリゾート海老名では、外に出なくても、施設内のキッズレストランで食事可能。

公式HPで見たより意外と狭く、12時~2時くらいまで賑わっていた。
メニューは上記リンク先でご確認くださ~い。キッズリゾート海老名食事

3/24追記:
混むと思って無理矢理11時半に食べたのだけど、再訪した日は、12~14時でも座席に余裕がありました。
それなら、お腹がペコペコまで遊んでから途中退場し、近くのフレッシュネスバーガーやモスバーガーで食べた方が美味しくランチ出来たなぁ…と後悔。

一番お得なのは…?

そんなわけで、平日でも大勢の人で賑わっていた、ファンタジーキッズリゾート海老名。

子どもたちは帰りたくないコールの大合唱だった。
16時半に退店する際、周りを見渡してみると、さっきまでの喧騒はどこへやら。
何だかガラガラ。
キッズレーシングは誰も並んでいなかったり。

帰りが夜になってもOKなご家族は、閉店までの4時間を遊べるトワイライトパック(660円)が一番お得に遊び尽くせるのかもしれない…!!

最後に一言

ドレスを着ても良いのはフォトスタジオ内だけ!!!
レストランや他のゾーンでドレス着たまま遊んでいる子が数人いた…。
上掲のキッチン写真と0~2歳ゾーン写真に写ってしまったヨソのお子さん達、ドレスのままなんです…。
モラル低いなぁ、もう。
親御さんは外見普通な方だったけど。

3/24追記:
再訪時は、衣装のまま他のゾーンへ出ている子はいませんでした。
関係あるのかはわからないけれど、今回はスタッフの見回りが多かったです。
迷子の呼び出しも多く、スタッフが抱っこして保護者を探す姿も見ました。

一度会員になると、たまにハガキが届きます。
大人無料券がついたハガキです。
これが来ると、また行きたくなるむーち(@mu_chiblog)でした。

当ブログでは幼児教育の記事がよく読まれています♪

★Z会の記事一覧★体験学習に強い)
★ポピーの記事一覧★月1,000円以下の家庭学習)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-室内遊び場
-, ,

Copyright© むちブロ , 2017 AllRights Reserved.