むちブロ

家族レジャー、幼児教育など、生活で感じた「良かった・楽しかった・タメになった」をあなたにシェアするブログ

あいかわ公園

公園・キャンプ場

圏央道スグ!あいかわ公園と服部牧場をはしごしたら、ボリューム満点で楽しかった。

更新日:

梅雨の晴れ間に、県立あいかわ公園(神奈川県愛甲郡愛川町)へ行ってきました。
6月は幼稚園の振替休日が多いから平日を楽しんでます♪

当記事では、あいかわ公園でどんなことが出来るか、あいかわ公園近くの「服部牧場」がどんなだったかが分かります。

スポンサーリンク
(投稿日:2015年6月28日)

駐車場

圏央道が開通し、相模原インターから20分とアクセス抜群。
平日は駐車場無料(南駐車場:451台。土日祝は500円)なので高速料金のみで遊べる♪

駐車場から目的によって行き先が二手に分かれるので、まずは遊びの計画を立てるのが良いですよー。

『芝生広場、ふわふわドーム水遊び、郷土資料館、工芸工房村へ行く』
パークセンター方面か風の子橋(写真↓)へ

IMG_3681
冒険の森(ローラーコースター、迷路、アスレチックなど)へ行く』
スロープ(写真↓)へ。
登り切った先に冒険の森がある。

IMG_3679

あいかわ公園

ふれあい広場

ふれあい広場(芝生広場)は木陰もあり、緑が綺麗。
シロツメクサの白く小さいお花が沢山咲いていて、のどか。
久々に群生しているのを見た(*´▽`*)

IMG_3683

パークセンター

パークセンター前に大きな噴水があり水遊びが出来るそうですが、この日はお水出てなかったような。
パークセンターの中には授乳室、ちょっとしたキッズコーナーがある。

IMG_3662
IMG_3664
IMG_3665

小さな図書スペースもあった。

じゃぶじゃぶ池

パークセンターから芝生方面へ出ると、じゃぶじゃぶ池
子どもたちが、水着で遊んでいて涼しそうだった。
次回は水着持参したい!

IMG_3667
近くのトイレの中には小さなシャワースペースがあったので、汚れや汗が気になる子はそこで洗うのかな~?

このトイレ、カラフルでめちゃくちゃ綺麗で長女が大興奮。
手洗いブースも可愛くて、次女もノリノリで手を洗っていた。
IMG_3689

ふわふわドーム

トイレの隣にはふわふわドーム
こんなに大きな物は初めて。IMG_36883~6歳用と7~12歳用に分かれている。
(↑写真手前2個が大きい子用、後ろに少し見えているのが小さい子用)

係員が駐在していて、バック転をした小学生にすかさず注意していたので、安全です。

エレベーターで移動

長女は、じゃぶじゃぶ池を「ふ~ん。今はいい」、ドームを「後で」と下見で終わらせた。

なぜかと言うと、途中見つけた場内掲示板の「兜と大型動物(象?恐竜?)の骨」の絵が気になるので先にそれを見たいとのことだ。
マニアックである(笑)

IMG_3700
ふわふわドームの先にあるエレベーターに乗ると、郷土資料館工芸工房村への近道

IMG_3668エレベータを出たところの橋からは、石小屋ダムが見える。

IMG_3669

郷土資料館と工芸工房村

残念ながら。月曜日だったので、休館日でした。

↓入口からちょっぴり見えた骨!化石!?う~む、気になる…

IMG_3670・・観光放流
公園の上流にある宮ヶ瀬ダムの観光放流もやっていない日だった。

私は放流を見たいし斜面を登るインクラインに乗りたい!(*‘∀‘)これはもう一度来なくては。
落胆した長女だったが持参したお昼ごはんを食べて元気になった。

売店

工芸工房村の隣にちょっとした売店があって軽い食事が取れるそうな。
こちらも定休日。

冒険の森方面へ移動

このまま冒険の森へ行くことになり、斜面を登って「森のわたり橋」という吊り橋を渡る。
大人がジャンプすると、揺れる!

IMG_3672
振り返ると、「風の丘」が見えていた!ゴルフ場のような青々とした芝生が美しい。

丘の斜面はつつじが咲き、その季節には「ツツジまつり」が開催される。
ツツジは愛川町の町花だそうですよ。

IMG_3673

遊歩道を歩いていると、緑が鮮やかでもりもりしていて気持ち良い。

山間部だから空が近く、芝生!山の緑!空の青!といった景色に癒される
あいかわ公園の魅力はこれだと思った

子連れなので遊具や水遊びがメインになってしまうけど、大人も気持ちよい公園です
(それで今回、写真が多いよ~w)

冒険の森

斜面に設置されている「冒険の森」の遊具はローラーコースター以外は「6歳から」と書かれていて、未就園児には少しキツイ内容かもしれない。

IMG_3674

「壁の迷路」は5歳長女、壁越え(紐が垂らしてあり、丸太が連なった壁を乗り越える)が出来ず断念。

IMG_3676

スライダー(ローラーコースター)は緩やかすぎて滑らなかったのでスピードをある程度出したいならソリ持参が良いかと。

ターザンライドは珍しく、平地。
最初親が引っ張らないと滑っていかない。
何回か引っ張ると汗だくになってこちらから降参しちゃったよ(^_^;)

IMG_3678

他には斜面を活かしたアスレチックネットを登るツリーもあり、結構汗だくになります。

山の斜面で日陰が少なく、ガンガンに焼けます。
暑いシーズンは、帽子を被り、水分補給を心がけて、無理のないようにしてくださいね。

IMG_3677

再度パークセンター近くへ戻る

そして一度駐車場に戻り、荷物を軽くして、再度じゃぶじゃぶ池へ。

IMG_3685

水着が無いので足をつけて歩いただけだったけど、次女はパンツまで濡れてしまった(笑)
一番近いベンチには屋根があるので、ここに座ることが出来れば親は涼しいけれども、混みあった場合は日焼け対策が必要ですね!

3歳になった次女、年齢制限有りのふわふわドーム初体験!

IMG_3687

坂から転げ落ちて、笑ってました。
2歳の時は泣いていたのにね。(他の公園のドームにて)
成長を感じて胸熱。

服部牧場

おやつ時になり、車で公園から出てスグの「服部牧場」へ♪

お目当ては牧場でとれた新鮮な生乳を使ったアイスクリーム&ジェラート

公園駐車場(南駐車場)を出て、くにゃくにゃカーブを道なりに真っ直ぐ行くと北駐車場(繁忙期以外は閉鎖のよう)を越えたあたりの右手に、看板と入口がある。

最初、駐車場の場所が分からなくて大回りをしてしまったけど、坂を降りてすぐ右手に曲がり、少し行って左折したら広い場所に出るので、そこらのどこにでも停めて良いみたい。

一方通行の表示は無かったと思うけど、すれ違いが出来ないので対向車が来たら嫌だなぁ(牧場を見学している歩行者もいるから幅寄せしにくい)とか思ってしまった。
そこで考えた経路↓

服部牧場駐車場

赤の四角が駐車場。めちゃ広い。車がたくさん停まっていた。
赤矢印が当日の進入経路。(こちらから入ってくる車がほとんど)
青矢印は道幅が広い経路。こちらから来る方が楽かも??
ちなみに赤矢印で帰ると、412号線にすぐ戻れた。

お目当てのアイスクリーム工房カサリンガは、平日だというのにお客さんが結構いた!
週末や夏になればもっと多いんだろうな…。

(後日追記)
宮ケ瀬ダムの観光放流の日に再訪したら、店の外まで行列でした…!!
(その様子を書いた記事

IMG_3691

お店の中で、先に食券を買う。
ソフトクリーム・ジェラート(シングル)各380円IMG_3692

コーンだと子どもはベトベトになるので食べやすいカップをチョイス。
大きさはこんな感じ。

IMG_3694

大人には物足りない量である…(´・ω・`)
高品質な生乳や安心な材料を使用しているので、このお値段になってしまうと店内のポップに書かれていました。

ソフトクリームは、まんま「牛乳」!!というお味で、濃厚なのにミルクだからさっぱりすっきり。
甘いのが苦手な人でも食べられるんじゃないかな~。

ジェラートは、メロンといちごミルクを買ったけれどメロンが柔らかくってジューシーで美味しかった。
(こちらは甘い)

お店の隣にはソーセージ専門ショップとバーベキュー場がある。
ソーセージショップの一角にトイレがある。

※アイスクリームショップにはトイレがないので、小さなお子さんの急な「トイレ!」には要注意。

ソーセージは、その場で焼きたてを食べることが出来る。
1本380円

日本で好まれる「粗びき」と、本場ドイツの「絹びき」を選べるので、せっかくだから絹挽きを選んでみた。
店主も絹挽きをお勧めしていた。

ゴツゴツしておらず口当たりが滑らか、なのにジューシーでプリプリ
美味しくいただいた。
次は粗びきも食べたい(๑´ڡ`๑)ペロリ

こちらの牧場、キャンプ・オートキャンプも出来るんだって。
IMG_3697
IMG_3699
動物さんを間近に見ることができ、エサを買ってヤギ?羊?にあげることも出来る。

この辺から、次女が眠いのと動物の臭いが苦手でグズリだしたので、動物をもっと見たい長女と衝突。
二人とも泣き出すし妥協案に賛同してくれないしで疲れた…(;´∀`)
詳細は服部牧場(公式HP)でご確認を♪

感想

  • 駐車場無料で、ローラー滑り台やアスレチック、水遊びと盛りだくさんの公園。
  • 人が少ないのもよい。

また時間を作って、今度は主人も一緒に来たいと思った「あいかわ公園」「服部牧場」でした。
(次は宮ヶ瀬ダムの観光放流も見るぞ!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-公園・キャンプ場
-, ,

Copyright© むちブロ , 2017 AllRights Reserved.