むちブロ

家族レジャー、幼児教育など、生活で感じた「良かった・楽しかった・タメになった」をあなたにシェアするブログ

デックス東京ビーチ夜景

ショッピングモール・映画

幼児連れでお台場行くなら?海浜公園とデックスで屋外 室内両方遊べてコンパクト。

更新日:

6歳長女とシルク・ドゥ・ソレイユを観るために午後からお台場に入り、次女もかなり楽しく遊びました。
この記事では「トーテム」開演までの時間を過ごした様子を書いています。

スポンサーリンク
(投稿日:2016年2月28日)

お台場のどこへ?

午前はイベントがあったので幼稚園へ。
お弁当の前に早退させてもらい、久々に車でお台場へ。

前回は、日本科学未来館とビーナスフォートへ行ったけれど、今回はどこで「トーテム」開演までの時間を過ごすか悩んだ。

それより前は、独身時に主人と二人で来たり、会社の慰安旅行だったりで、買い物やフジテレビが目的地だったので、子連れに適した場所が分からない。
最初は日本科学未来館の「おやっこひろば」や常設展に行こうかと思ったけれど、常設展は春のリニューアルオープンに向けて公開中止されている展示があるようで諦めた。

夕方に晩御飯を食べるので、飲食店の入っている商業施設で駐車料金が上限ありの場所を探すと、ビーナスフォートデックス東京ビーチしか見つけられなかった。(私の探し方が下手なだけで、他にもあるかも!)
ビーナスフォートは前回行ったからパス。トーテム開催地から近いので少し迷ったけれどね。

デックス東京ビーチ

高速道路の出口(東向き)が、交差点一つ東側のところに変わっていて、ビックリした。
ナビは高速を降り損ねたと勘違いして直進を指示してくるし。
デックス東京ビーチへは、左折、直進、左折、建物の先を左折すると、駐車場入口。

P2階は、お台場海浜公園への通路が直結していて、すぐ屋外へ出られるので便利だった。
すぐ屋外へ出られるということは、悪い人も逃げやすいということで過去に車上荒らしがあったのか、館内では車内に貴重品を置かないよう促すアナウンスが頻繁に流れていた。

お台場海浜公園が目の前

お台場海浜公園 (2)砂浜は、人もまばらで、閑散としていた。
娘たちは白くて小さな貝殻を拾って楽しそうにしていた。お台場海浜公園
もっと暖かくなれば、裸足で波打ち際で遊んだりできるなぁ。
足洗い場もあったし快適そうだ。
しばらく散策して、デックスの中へ。

たこ焼きミュージアム

小腹が減ったので4階たこ焼きミュージアムへ直行。たこ焼きミュージアム

たこ焼きミュージアムがある「台場一丁目商店街」と呼ばれるフロアは、通路も店の中も人が多く賑わっていた。
こじんまりしたフードコートにたこ焼き屋さんが5店舗あり、「たこやきの元祖 本家 会津屋」で三種盛りとドリンクセット(810円)を頼んだ。たこ焼きミュージアム (3)

お兄さんが丁寧で、こちらからお願いする前に取り皿を2枚付けてくれた。
すごい優しい!
たこ焼きは、すごく小ぶり。一口サイズ。
一人前の目安が12個らしいから、普通のたこ焼きの半分くらいの大きさ。
味は、家で作るより味が濃くてちょっと塩辛かった。
(幼児がいる家庭はどこも薄味だと思うけど、どうですか?)
子どもたちは「美味しい」と言って食べていた。たこ焼きミュージアム (2)

にこぱ

にこぱ腹ごしらえの後は、同じく4階の室内型遊び場「にこぱ」へ。

料金は、子ども一人、20分400円。
入場時に「時間制限なし」を選べば、700円。
付き添いの大人は無料なのが嬉しい。
(身長130cm以上の子は入れないので注意)にこぱ (6)↑太鼓の達人、無料。

にこぱ (5)↑定番、サイバーホイール。

にこぱ (4)↑風船が舞い上がり、ぶつかってくるエリア。この下はボールプール。(ボールは少ない)

にこぱ (3)↑ターザンロープの回転版。高低差があり、ゆっくり回る。一番気に入っていた。

にこぱ (2)↑ふわふわ滑り台。楽しそう!大人は立ち入り禁止。

ここで、1時間半ほど過ごした。
娘たちは「もっと遊びたい!」と不満げだった。
広いとは言えない空間で遊具も限られているのに、子どもって本当にこういうのが好きだ。
1,400円でこんなに遊べるのは本当に助かる。

平日だからか多い時でも親子10組くらいだった。それでも、もう手狭に感じてきたので、週末はすぐ満員になってしまうかも。
定員をオーバーしたら、入れ替え制になるのかな?
週末利用は事前確認推奨。

他の遊び場

デックス東京ビーチには、他に「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」がある。
レゴを組んだり幼児向けプレイグランドや乗り物や4Dシアターなどで遊べる屋内アトラクション。
こちらは子どもから大人まで楽しめる様子。

レゴランド、入場するか検討したけれど、料金が3歳以上2,200円。
今回の滞在時間は午後以降なので、時間がそれほどないからやめた。
(前日中に前売り券をネット購入すれば一人1,750円になりますよ!)

他には「東京ジョイポリス」も。
こちらは幼児が楽しめるアトラクションが少なそうだ。

子どもが幼児なら、「にこぱ」で十分でした。

トラットリア マルーモ

「トーテム」開演の19時に間に合うよう、夕方から少し早い晩御飯を食べた。
家族全員パスタやピザが好きなので、シーサイドモール 5Fのトラットリア マルーモへ。

リングイネ スカンピ久々に、美味しいイタ飯食べた~!(子どもの希望でジョリパばっかりだもの)
ピザのチーズが美味しくて、生地もふわふわ。冷めても美味しい。また食べたい。

普段食費に気を遣ってる分、たまには予算気にせず食べてストレス発散、良いですな~!
この日は8,000円超でした。(帰ってきて金額書くと、今は冷静だからヒエ~となるわ)ガトーショコラ

お台場海浜公園の夜景

デックス東京ビーチ夜景外はすっかり暗くなっていて、留守番の主人・次女組と別れる前にデックスの海側のデッキに出ると、イルミネーションが綺麗。

デックス東京ビーチ夜景 (4)このハートの後ろにスイッチがあり、押すと数秒間曲が鳴り、公園沿いの樹木と大きなツリーのイルミネーションの色が変わる!
付近一帯を牛耳ったみたいで楽しい。(発想が中二病)

昼間はただの真っ白いアーチだったのが、夜には可愛いアクアリウムになっていた!デックス東京ビーチ夜景 (2)
亀やサメや魚など、触れると動き出す生き物も有り。最近、どこもかしこもプロジェクションマッピングだね。
外国人と子供連れとカップルが楽しんでいた。
デックス東京ビーチ夜景 (3)

私と長女は、ここでお台場ビッグトップへ移動し、シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」を観ました。

21時半にデックスへ戻ると、車で寝ていると思っていた次女はイルミネーションの見えるデッキで走り回っていた。
私達と別れた後、本人の希望で「にこぱ」再入場、ジョナサンで飲み物飲んで、今に至るらしい。
子ども達、普段は20時半に寝ているので、今夜のテンションはおかしいぞ。

二人とも、帰りたくないコール大合唱で、観念してからは楽しかったと言ってくれた。
帰りの車では、すぐに眠りに落ちていた。
その寝息を聞きながら、楽しい1日の余韻に浸った。

デックス東京ビーチ(平日駐車場最大1,500円)
お台場海浜公園

DECKS Tokyo Beach / ODAIBA TOKYO

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ショッピングモール・映画
-,

Copyright© むちブロ , 2017 AllRights Reserved.